どれくらい経てば債務整理の情報が消えるか?

通称ブラックリスト、つまり、信用情報機関で参照される顧客の事故情報の中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、どんな手段で債務整理を行ったかによって違います。
債務整理をした方法が任意整理、個人再生、特定調整のうちのどれかなら概ね完済から約5年のようです。
自己破産のケースでは裁判所によって免責の判断が下りてから概算で7年前後です。
ですが、目安に過ぎない数字ですから、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば何より明らかです。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引き受けているなら、たとえ債権者が取立ててきても債務者への取立てを促し支払拒否ができます。
しかしながら、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、一部ないし全部の支払いを放棄した場合には、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。
これに対する拒否権はありませんが、債権者に談判をして支払いを分割にしてもらう事はできます。

結婚や離婚が元で名字が変わった場合に、かつて行った債務整理の記録も仕切り直しになると思ってはいけません。
カードの新規入会時の書類に旧姓を記入する欄がある事も珍しくありませんし、本人確認をする際用いられるのは氏名だけではないでしょう。
それに、審査が通ったと仮定しても、それから債務整理の記録が明らかになり次第、カードが停止されたり返還しなければならなくなる事もあるかもしれません。

借り入れ時に保証人を設定していると、債務整理の影響を保証人も受けることになります。
どの方法で債務整理を行ったかによってその影響には差があり、例えば任意整理や特定調停だったならば保証人の記入を要する書類があるものの、保証人が借金の取り立てを受ける事はありません。
一方、個人再生や自己破産の時は、保証人に直接請求をすることが債権者に認められるので、全額の返済を保証人が負うことになってしまいます。

出資法を基に、以前は利息制限法の定めを上回る利率での貸付がありふれていました。
利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。
今は利息制限法に定める上限以上の金利では非合法となります。
したがって、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。
これを過払い金請求と言います。

家族に隠して債務整理をしようとするとその方法次第で難易度には差があります。
もし任意整理なら自分で全手続きを行おうとしなければ大抵は家族にばれずに済むでしょう。
ですが、個人再生や自己破産の手続きでは、世帯収入や資産の公開が必要となることから、ずっと隠しておこうとすると簡単ではないでしょう。
勤め先についてはどうかと言うと、債務整理の方法によらず秘密にしておく事ができます。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、借金を債権者に返済し終えている時に払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。
過払い金返還請求を行う時には、取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類が求められます。
取引の履歴に目を通して、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、過払いになっていた利息の還付が受けられるでしょう。

信用機関で事故情報を保管する期間は、大体5年くらいと一般的に知られています。
個人の金融情報を金融業者が分かち合うために存在する機関が信用機関です。
金融業者は、ローンやクレジットカードの審査に伴ってここに個人情報を照会します。
よって、債務整理をしてから最低でも5年以上過ぎていないと、住宅ローンを組むことが極めて厳しいでしょう。

お金が返せなくなって債務整理を検討するなら、心に留めておくべきです。
個々の状況次第で、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは違いがあります。
前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、代わりに信用情報に傷がついてしまい回復してからでないと新規にはお金を借りられないのがデメリットです。

後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければやや支払う総額が減るものの、債務整理での減少額と比較すると下回ります。
けれども、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。

月々の支払が難しいという時の措置といった点は共通ですが、任意売却は不動産を購入したもののローンの返済に追い込まれた場合に該当する不動産を売ってしまい、返済に費やす事を言います。
かたや、債務整理は返済が困難な借金の完済のために、状況に応じた方法を選んで整理する事です。
悪い時には不動産ローンも借金も両方とも支払えないケースがあるでしょうから、その際は任意売却と債務整理をどちらも行う必要があります。

チェック⇒ヤミ金の嫌がらせを止めたい

カテゴリー: 日記 | 投稿日: | 投稿者: